FC2ブログ
東大卒のSEトムロウによる情報処理試験の全区分合格に向けた合格・不合格体験記。合格に向けたツボをあますことなく公開!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 課長 「オラクルどうだった?」

 私  「まあ、どうにか・・」


 講座受講後、2週間以内に受験するようにとの指示が人事部からあり、試験対策を進めました。

教材は、配布されたテキストと講座に付属していたiStudy社のネットでの問題出題サービスを利用しました。テキストはアンダーラインを引きつつ一通り読み、iStudyの問題は解説も全てプリントアウトして確認しました。iStudyの問題は答えは次第に覚えてしまいますので、95%出来なければあぶないと個人的には思います。

11gでの合格ラインは、DBAが60%(75分、全48問)、SQL基礎Ⅰが70%(90分、全40問)です。私が受験した10gでは、DBAは53%(60分、全41問)、SQL基礎Ⅰは同じでした。

合格ラインが70%のSQL基礎Ⅰの方が厳しいと感じました。

シルバー以降の取得、実務での利用に向けてはオラクルの仕組みを理解することが大切ですが、試験突破だけを考えれば、ブロンズについては問題集を解いて、覚えて、短期記憶で勝負することでも取得可能なレベルです。

DBA、SQL基礎Ⅰともに8割程の得点で無事1回で合格できました。しかし試験対策にて通ったようなものでシルバーに向けては講座受講前の準備をした方がよいと思いました。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jouhousyorishiken.blog.fc2.com/tb.php/18-485284f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。